メンズライフ

いつまでも男性に元気でいてほしい

食生活や運動など、ED改善に必要な生活習慣を身につけましょう

食事,ご飯

ED(勃起不全)に悩む男性のおよそ7割が、血管に何らかのトラブルを抱えている「血管性ED」だと言われています。
血管性EDの主な原因は、動脈硬化です。動脈硬化とは、血管が硬くなって弾力性を失った状態、もしくは血管の内側にコレステロールが付着して血流が悪くなった状態を指します。本来の血管としての機能がうまく果たせなくなり、血液の流れを滞らせてしまいます。動脈硬化になると、必要十分な血液が陰茎海綿体に流れ込まなくなり、勃起が難しくなります。

EDを改善するためには生活習慣の改善が大切になります。動脈硬化生活習慣病メタボリックシンドロームと深い関わりがあります。不規則な食事(脂肪の取り過ぎやカロリー過多など)や運動不足によってコレステロールが血管壁に固まると血管の内側が狭くなります。そうすると血液の流れが悪くなります。

それを防ぐために、食事や運動などの生活習慣を改善していきましょう。

【ED改善方法その1】血流を良くする食品を摂取する

動脈硬化を予防・改善するためには、血流を改善する食品や栄養素を意識的に摂取するといいでしょう。たくさんの種類があるのですが、ここでは普段の食事に取り入れやすい食品を紹介します。

  1. 青魚に多く含まれるEPA

EPAは青魚に多く含まれ、脳の発達や機能に関与したり、血液をさらさらにしたりします。サプリメントだけでなく医薬品としても活用されている栄養素であり、以下のような嬉しい効果が期待できます。

血液をさらさらにする

血管年齢を若返らせる

中性脂肪の値を減らす

主な摂取源はサバやイワシ、サンマなどの青魚です。週に2回、魚を食べるだけで動脈硬化や心疾患のリスクを低減できると言われているので、まずは週に2回を目標にして、食事に取り入れてみましょう。

ちなみに、青魚は良質なタンパク源でもあります。タンパク質に含まれるアルギニンは一酸化窒素(NO)の生成を促進。この一酸化窒素は血管を拡張させるサイクリックGMP(グアノシン一リン酸)を増やす働きがあり、勃起にも深く関わっている成分です。

  1. 海藻類や野菜に多く含まれる食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、動脈硬化の予防・改善に役立つのは水溶性食物繊維です。血液中のコレステロール値の上昇を防ぐ働きが期待されます。加えて、過剰なナトリウムの排出を促す作用もあるため、高血圧の予防にも繋がります。

こちらが、水溶性食物繊維を多く含む食品の一例です。

海藻類

さつまいも

にんじん

ごぼう

モロヘイヤ

芽きゃべつ

アボカド

納豆

切り干し大根

野菜や果物、海藻類に多く含まれていることがわかります。中でも、特に注目したいのは海藻類です。わかめやひじきなどの海藻類にはアルギン酸と呼ばれる成分が豊富に含まれています。アルギン酸は余分なコレステロールを体外に排出する作用があるため、動脈硬化の予防に効果的です。

  1. 栄養のバランスが良い大豆食品

大豆に含まれるイソフラボンリノレン酸も、血液を健康にする成分です。血中コレステロール値と血圧を低下させる働きが見られます。それだけでなく、以下のような栄養素をバランス良く含んでいます。

三大栄養素(タンパク質・脂質・炭水化物)

食物繊維

カリウム

マグネシウム

カルシウム

ビタミンB1

ビタミンE

葉酸

など…

大豆はバランスの良い総合栄養食だと言えます。煮豆や味噌汁、サラダといった形で摂取しましょう。

和食を中心にすれば血流改善に効果的な食生活になる

EPA

食物繊維

大豆食品

これらは伝統的な和食の献立を用意すれば、自然と口にできる食品です。たとえば、以下のようなレシピはいかがでしょうか?

ご飯

わかめと豆腐の味噌汁

サバの塩焼き

きんぴらごぼう

煮豆

特別な食品を使っているわけではありませんし、難しい調理法を採用しているわけでもありません。外食が多かったり、深夜にドカ食いをしたり、野菜をほとんど食べなかったり……思い当たる方は、一度食生活を見直してみましょう。

【ED改善方法その2】血流を改善できるおすすめの運動

血流改善に効果的なのは、下半身を使う運動です。ランニングやジョギング、サイクリングなどが思い浮かびますが、ここでおすすめしたいのはスクワットです。スクワットは勃起に関わりのある骨盤底筋群を効率的に鍛えることができますし、室内で手軽にできる運動だからです。

スクワットは骨盤底筋群を鍛えて勃起を持続できる

ペニスが勃起状態を維持するには、陰茎海綿体に流れ込んだ血液が逆流しないように、ペニスの根本を締め付ける必要があります。締め付けの役割を果たすのは、骨盤底筋群と呼ばれる筋肉です。骨盤底筋群が強化されれば、勃起に必要な血液を陰茎海綿体にしっかり溜め込めるので、中折れ防止に効果的です。

骨盤底筋群は太ももの筋肉(内転筋など)と連動しているため、スクワットで効率的に鍛えることができます。

ゆっくりとした動作で確実に効かせる

スクワットは素早い動きで行うと怪我のリスクが高まりますし、十分な負荷を筋肉に与えることができません。特に、何も器具を持たずに自重だけでトレーニングを行う場合は、ゆっくりとした動作を心がけてください。

4秒かけて腰を下ろし、4秒かけて腰を上げる

このくらいのスローな動きのほうが筋肉に対する負荷が強くなります。重いダンベルを使用したトレーニングが難しい高齢の方でも、無理なく続けることができます。

【ED改善方法その3】ED治療薬や血流改善治療

動脈硬化を生涯にわたって予防するためにも、運動や食生活の改善は継続していきましょう。それにプラスしてED治療を受けることで、一時的に勃起力を回復したり根本からEDを解消できたりします。

  1. バイアグラなどのED治療薬

ED治療薬はいずれも即効性が魅力であり、1時間程度で効果が現れます。

バイアグラ

バイアグラ ジェネリック

レビトラ

シアリス

  1. 血流改善治療

血流改善治療は、根本からEDを解消したい方に特におすすめです。低衝撃波を患部周辺に照射することで患部に血管を新たに形成します。常用薬や持病の関係でED治療薬を服用できない方でも、EDの根本治療が可能です。副作用のリスクもありません。

まとめ

動脈硬化による血管性EDを抱える方は、食生活や運動といった生活習慣の改善が有効

食生活は伝統的な和食がおすすめ!血流を改善する食品や栄養素を食生活にとりいれましょう

運動は骨盤底筋群を効率的に鍛えて勃起力をアップできるスクワットがおすすめ

動脈硬化による血管障害が原因となってEDを発症しているなら、生活習慣の見直しでEDを治すことができるケースも多いです。すぐに改善効果を実感できるとは限りませんが、バイアグラなどの治療薬を補助的に取り入れながら、健康的な生活習慣を継続していくことが大切です。